道光熱費込みでなんと家具・家電付きですので、これならゲストハウスはキッチン・バスルーム・トイレなどが共用であり、さらに水道光熱費は便利なことに家賃に含まれているゲストハウスもあったりして、さらに別途請求のゲストハウスもありますので、好きなところが選べるでしょう。
そして冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどで必要最低限の家具や家電も各部屋や共用部に設置されていますが、 ただ洗濯機や乾燥機、シャワーなどのコイン式や時間制限を設けるストハウスもありますから、注意しましょう。
そして家賃は割安でも結局費用が高くなってしまうといったこともありますから、事前にしっかりチェックしてください。
なお水道光熱費は賃料に含まれていて、コイン式や時間制限もありません。
キッチンやバスルーム・トイレなどは共用ですし、個別の部屋はありますが、キッチン・トイレやバスルームなどのスペースは一応共用となっています。
そしてコモンルームといった入居者がコミュニケーションを図れるような便利な共同スペースもあります。
ゲストハウス・シェアハウス東京 ルームシェア東京 ハッピーガイド