銀行をはじめ融資をしてくれる機関の審査が景気の低迷でかなり審査を厳しくしています。
融資をしてもそれに見合った利息で回収ができなければ、なんのメリットがないだけでなく損失となるのですから無理もありません。
それでも融資をしてもらいたい側としては切実な問題です。
土地を持っているなら、土地を担保にすると、よほど売却不可能な物件でない限り高い確率で融資を受けることができます。
いわゆる不動産担保ローンですが、土地を担保とすることで、融資する側も安心して融資することができるわけです。
そのぶん貸付金額が多くなる傾向もあるので、必要な分だけ借り入れるようにしなければ、利息が付いたぶん後で返済に苦しむので要注意でもあります。