景気の低迷で、不動産価格が下落しています。
その恩恵というべきなのか、賃貸オフィス物件の価格も下落しており、思いがけない優良な物件に入居することも可能となっています。
今年の夏に限らず、これから当面のトレンドとして節電は企業経営に差し迫る大きな課題であることは間違いありません。
従来の事務所よりも節電効率を高めた賃貸オフィス物件が多数みられるようになっていることはこれからの事務所選びには大きな影響がでるのではないでしょうか。
また現在の不動産価格の下落という観点からいうと、現在入居している賃貸オフィス物件が適正な価格帯なのかを見直してもよいのかもしれません。
思いがけず高い価格のまま契約を更新し続けている可能性も十分にありますから。
賃貸事務所(貸事務所)東京の賃貸オフィスはバスターズエステート