交通事故で損害賠償を請求されたら。

交通事故が起こった場合、過失割合に応じて損害賠償が発生します。
賠償というと大事のように聞えますし、相手に大きな怪我をさせてしまった場合だけに発生するのではないかと思うかもしれませんが、それは間違いです。
怪我が有ろうが無かろうが、自分の過失分は相手に賠償する必要があります。
怪我が有った場合にしなければならない賠償は、治療費や休業損害、通院交通費や慰謝料等があります。
もちろん、入院や通院の期間によって支払額は変わりますが、怪我が完治・症状固定になるか、後遺障害が認定されるまで示談になることは有りません。
長期で賠償し続ける事を余儀なくされます。
一方、物に対する賠償に関しては、事故の前と同じ状態までの修理をするだけですので、修理額を支払って修理が完了すれば、賠償も終わりとなります。
怪我が無い交通事故であれば、事故対応早期に完了していきます。
しかし、気をつけなければならないのは、相手方が車だった場合です。
万が一、こちらに10割の過失の事故だった場合、相手が車をレッカーすればレッカー代を、代車を要求された場合は代車代も支払わなければなりません。
業務使用だった場合は、車が使えず発生した損失も請求されます。
また、車の修理代は時価額が限度となっていますので、大きな損害があれば時価額を超えてしまう事もあります。
時価額を超えても一定金額までは修理額を支払える、対物差額費用補償特約というものもあります。
何があっても自分をきちんと守れるように、一度備えを見直してみましょう。