最近の弔電の特徴と送りたい弔電

ここ数年、あまり嬉しい話ではありませんが、年に1~2度は葬儀などに参列する機会が増えてきました。
遠方などの理由で通夜や葬儀にどうしても直接行く事が出来ない場合に弔電が便利です。
10年くらい前ですと、その種類もかなり少なく、選ぶ余地もなかったのですが、最近の弔電は様々な物が用意されていています。
中でも目をひくのが、プリザーブドフラワーを使った弔電です。
これまでの殆ど文字のみという、少しさみしい弔電が、プリザーブドフラワーによって立派なものに仕上がっています。
こういった物でしたら、故人に生花を贈るのと同じような感覚になれますし、また、故人にとっても遺族にとっても、心のこもった物に捉えられると思います。