暗号通貨と言われる由縁は?

暗号通貨は、安全性を保つために暗号の技術が応用されている通貨を指します。
目の前に形として実際の姿を見られるわけではありませんが、ビットコインが代表的なものとなっています。
ビットコインが暗号通貨と言われるのは安全に取引ができ、改ざんされないように、利用者同士の監視のもと適切に運用できるように管理されているからです。
ビットコインは、発行元を持たないために通貨とはなりませんが、オンライン上で電子データとして取引されるために、全世界の人が利用できるようになっています。
入金や出金等の決済は、当事者同士で行われ、個々の取引履歴を記載することで容易にわかるようになり、個人情報も必要にならずに秘匿性が保たれます。
ある程度履歴が重なると、情報量がのせきれません。
以降の履歴は次の新しいブロックに記載することになり、鎖状につながった状態になります。
履歴のブロックとブロックをつなぎ合わせるために、暗号技術が必要となり、利用者のうちブロック作業の参加者が、正しい暗号を計算で導き出しつなげる役割をしているのです。
衆人環視のうちに行われるため、不正がしにくい仕組みを作り出しています。
いち早く正しい暗号の正解を出した参加者には、それなりの報酬が与えられます。
ボランティアではないため、多くの方が正しい答えを導き出そうと必死になり、質の高い作業が行われる原因ともなっているのでしょう。
暗号通貨としての安全性が高まることにもつながっています。
この作業は採掘と言われ、ビットコインの報酬の上限が決められていることから、早いうちに参加するほど、高い報酬額が得られると考えられています。