今後の金の価格について

人が所有する資産のなかでも「金」というのは一種特別である。
古今東西を問わず貴重なものとされ、錆びたり変質したすることがないため一定の価値をもつものとして愛用されてきた。
この「金」は、貨幣経済が流通しはじめた昨今では「経済が不安定」になったときに価値が上昇する傾向にある。
銀行券や有価証券等の信用が著しく不安定になったとき、諸外国でも一定の価値を持ち続ける「金」は重要性を高めるのである。
ここ昨今、金の価格が上昇をつづけているのは、世界的に経済が不安定であるからであろう。
で、あるならばこれからも金の価格は上昇を続けるはずである。
わけなのだが、ただ現在の急激な価格上昇には、それ以外にもさまざまな思惑が絡んできているようなので一概には言えないところがある。
特に、現在の金価格が高すぎると考えている人間は多いようで、もしそれが事実であるならば、たとえ世界経済が不安定でありつづけていたとしても、急激な価格上昇を支える「なにか」が消失することにより一気に下降する可能性もある。
とはいえ、金の価値がゼロになることはないのでリスクを考えてある程度所有しておくのは良いことであろうと思う。